ピッタマスク

PRを含みます ミニマリストの愛用品

【ピッタマスク】マスクをつけると耳が痛いとお悩みの方へ

09/09/2020

どーも、こーたです。

最近コロナの影響で外出先ではマスク着用が必要になりました。

お店の出入り口にも「必ずマスクを着用してください。」という張り紙もよく目にするようになりました。

毎日マスクを付けていると耳が痛くなったり、肌が荒れてしまったりと良いことがありません。

そんな中それらを解消してくれるアイテムに出会いました!!

 

ということで今回は私が愛用している耳が痛くならないマスクについて紹介していきます。

[toc]

こんな方におすすめ

  • マスクが息苦しくて困っている方
  • マスクをつけると耳が痛いとお困りの方
  • 見た目がかっこいいマスクを探している方

ピッタマスクとは何か。

ポリウレタンという素材を使ったマスク。

ピッタマスク

ぷにぷにと柔らかく、女性の化粧で使うスポンジのような触り心地です。

ピッタマスク

【枚数】3枚入[ 個包装 ]
【サイズ】レギュラーサイズ[ 117mm × 131mm ]
スモールサイズ[ 106mm × 123mm ]
キッズサイズ[ 97mm × 110mm ]
【対象】花粉、かぜ、ホコリ等
【材質】ポリウレタン(本体)
【製造国】日本
【UV カット率/UPF】WHITE(82%/15)GRAY(98%/50+)・NAVY(97%/50)

メンズの私はレギュラーサイズでぴったりでした。

 

開封するとこのような形で3枚入っています。

ピッタマスク

ピッタマスクのおすすめポイント

マスク

ピッタマスクに変えてからマスク生活がかなり良くなりました。

もう普通のマスクに戻れなくなってしまいますのでご注意ください。

耳が痛くならない

私が一番気に入っているポイントは耳が痛くならないことです。

使い捨てのマスクを付けていたときは耳が痛くてマスクを付けているのが苦痛でした。

しかし、ピッタマスクはポリウレタン素材で柔らかいため耳が全く痛くなりません。

一日中付けていることが多いので大変助かっています。

息がしやすい

ピッタマスクは通気性が良いので使い捨てのマスクより息がしやすいです。

夏場だとマスクによる熱中症や蒸れて肌が荒れてしまったりと問題点が多く出ました。

しかしピッタマスクであれば通気性が良くメガネも曇りません

肌触りも良いので肌荒れ対策にもピッタマスクの方が良いです。

夏場の蒸れやすい時期には大変重宝しております。

洗って使える

これからしばらくはマスク着用が必須になってくると思います。

私の会社でも出勤時はマスク着用が義務化されています。

そんな中で毎日使い捨てマスクを着用しているとお金がかかってしまいます。

 

しかし洗って使えるマスクであれば経済的です。

洗うのは3回までと書いてありますが私は何回も洗って使ってます。

洗い方はこちら!

私はズボラなので洗濯ネットに入れて洗濯機にぶち込んでいます。笑

ピッタマスクのデメリット

マスク

マスクの効果があるのか怪しい

ピッタマスクはもともと花粉対策用のマスクなのでウイルスをどれくらいカットしてくれるかは正直良くわかりません。

花粉に関しては99%カットしてくれるがコロナ対策にはならない可能性があります。

しかし使い捨ての不織布マスクも予防にはならないと聞いたことがあります。

風邪にかかっている人がマスクをするのは効果があるが、マスクを付けていればウイルスに感染しないということではありません。

なので私はそもそもマスクに期待していないので気にしません。

目に見えないものなので信じるかどうかは人それぞれですね。

洗い続けると黄ばんでしまう

レビューをみていると洗濯したら黄ばんだという声がたくさんありました。

白や灰色など薄い色だと黄ばんでしまうようです。

なので私はネイビーを購入しました。ネイビーなら黄ばむこともないのでおすすめです。

注意ポイント

ピッタマスクの偽物も安く売ってたりするので間違えないようにご注意ください。

※おすすめの色はネイビーかグレーです。


 

まとめ

コロナ

ブラックやネイビーなどの濃い色のマスクが「韓国っぽいな」とか「悪そうだな」というイメージがあったため、友人におすすめされてもなかなか手が出ませんでした。

しかしコロナでマスク着用が必須になってきて、街中でも当たり前にピッタマスクを見かけるようになり、そのようなイメージもなくなりました。

 

今ではもっと早く購入するべきだと思ってます笑

結論、ピッタマスクは何度も購入することになるだろうアイテムになりました。

皆さんも一度試してみてください。

ではまた。

  • この記事を書いた人

こーた

一人暮らしのミニマリスト。 好きなこと、好きなものに囲まれたシンプルライフを発信しています。 お仕事の依頼はお問い合わせからお願いします。

-ミニマリストの愛用品