本・映画

オーディブルとオーディオブックはどっちがおすすめなのか?【無料で聴くことも可能】

10/19/2021

どーも、こーたです。

今回はAudibleとaudiobook.jpはどっちがおすすめなのか?というテーマです。

私は学生時代ずっとaudiobook.jpを使ってきました。

その時に購入した本は今でもたまに聴くことがあります。

また現在はAudibleで毎日通勤の際に聴いています。

私がAudibleを登録した理由や実際に使ってみた感想も紹介しています。

どちらのオーディオブックも実際に使ったことのある筆者が実際どちらがおすすめなのかを紹介していきます。

オーディオブック試したいけどどちらがあってるのかな。。

実際に使っている人の意見が知りたい。

という方はぜひご覧になってみてください。

Audibleとaudiobook.jpはどちらがおすすめ?

Audibleaudiobook.jpはどちらがおすすめ?なのか。

結論、使い方によってどちらがおすすめなのか異なります。

(うざい。。)

と皆さん思ったことでしょう。

もう少しはっきりと説明すると、

・安く済ませたい人、たくさん聴きたい人
➡️audiobook.jp
・本当に聴きたい作品を聴きたい人
➡️Audible

となります。

安く済ませたい人、なんでも良いからたくさんの本を聴きたい人はaudiobook.jpの方が良いでしょう。

逆に、聴きたい本がある人、新書を聴きたいという方はAudibleがおすすめです。

ではその理由も含めて、紹介していきます。

Audibleとaudiobook.jpの比較

サービス名Amazonオーディブルaudiobook.jp
聴き放題プラン
audiobook.jp
月額会員プラン
料金1500円/月880円/月550〜33000円/月
購入冊数毎月1冊+ボーナス1冊対象1万冊保有ポイント次第
全体の冊数40万冊(和書1万冊)1万冊以上4万冊以上
ジャンルバランス良いビジネス書が多い古典・名著が多い
セールありありあり
主な特徴新作も聴ける
アプリが使いやすい
返品・交換可能
価格が安い
スマホのみ視聴可能
単品価格が安い
料金プランが豊富
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

オーディブルのメリット

Amazonのオーディブルのメリットを紹介していきます。

ラインナップが豊富

言わずと知れたAmazon。

そのラインナップは全体で40万冊あります。

新作の本であってもオーディブルで聴ける可能性が高く、ジャンルも幅広くあります。

ジャンルは以下の通り。

名作文学
現代文学
時代小説
ミステリー・ホラー
SF・ファンタジー
古典・神話
絵本・児童書
詩歌
自己啓発 (生き方・人生論)
自己啓発 (成功法)
自己啓発 (人間関係・コミュニケーション)
ビジネス (マネー・資産運用)
ビジネス (マーケティング・セールス)
ビジネス (キャリア・マネジメント)
ライトノベル・BL・声優
落語・寄席・演芸
語学
学習・教育
科学・テクノロジー
社会・政治
宗教・哲学
評論・対談
歴史・地理研究
地理・旅行
エッセー・自伝
暮らし・健康・趣味
ヒーリング
エンタメ・カルチャー
ラジオ・ラジオドラマ
官能
アダルト
洋書

幅広く扱っているので、「いろんなジャンルを聴きたい」という方にはぴったりです!

月額会員解約後も購入作品は聴ける

月額1500円で1冊+ボーナス1冊の合計2冊聴くことが可能です。

1度購入した本は解約後も聴くことができます。

ベストセラーの本など何回も聞く価値のあるものを購入しておくとお得ですね。

返品制度がある

オーディブルでは、購入した作品を365日以内であれば返品することができます。

もちろん返品回数には上限がありますし、節度を守って利用しましょう。

365日以内は嬉しい!

オーディブルのデメリット

続いてオーディブルのデメリットを紹介していきます。

単品価格が高い

オーディブルはオーディオブック.jpに比べて1冊あたりの金額が高くなっています。

1冊で大体3000円くらいします。

ただ、オーディブル会員なら追加購入は30%OFFで購入出来ます。

それでも高い。。

アプリから購入できない

オーディブルはアプリから購入できず、ブラウザから購入しないといけません。

一冊ダウンロードするのにアプリとブラウザを行き来するハメになります。

ただ慣れればすぐに購入できます。

audiobook.jp『聴き放題プラン』のメリット

続いて、audiobook.jp『聴き放題プラン』のメリットを紹介していきます。

価格が圧倒的に安い

audiobook.jp『聴き放題プラン』880円で約1万冊を聴き放題できます。

かなり安いですね。

本を1ヶ月に1冊以上聴くのであれば十分に元が取れます。

この価格設定は読書家にするととてもありがたいですね。

お金を最低限に抑えたい人にはぴったりですね。

1ヶ月に何冊でも聴ける

audiobook.jp『聴き放題プラン』は1ヶ月に何冊でも聴くことが可能です。

約1万冊という上限はありますがそれでも十分過ぎます。

本をたくさん聴きたい方には間違いなくおすすめです!

ビジネス書が豊富

audiobook.jpビジネス書が豊富です。

ビジネス書が好きな方にとってはとてもありがたいですね。

audiobook.jp『聴き放題プラン』のデメリット

audiobook.jp『聴き放題プラン』のデメリットを紹介します。

解約後は聴けなくなる

解約後は聴けなくなります。

オーディブルやaudiobook.jp『月額会員』であれば解約後も聴けるので、聴けなくなるのは残念ですね。

解約する前に聴きたい本は全部聴いちゃいましょう!

ラインナップが少ない

ビジネス書は多いです。

しかし、ラインナップはオーディブルに比べると少ないです。

ただ、期間限定作品で新し目のビジネス書がリリースされるようになっています。

1万冊あり、新書もリリースされるのなら問題ないですね。

Audibleとaudiobook.jpを無料で聴く方法

最後にAudibleとaudiobook.jpを無料で聴く方法を紹介していきます。

やはり、いくら安いからとはいえ無料で聴けるのであれば無料の方がいいですよね。

Audibleを無料で聴く方法

Audibleは初回登録時、30日間無料体験可能です。

タイミングによっては、2ヶ月、3ヶ月無料期間があったりします。

そして、その無料期間中にもらえる一冊は解約後も聴き続けることが可能です。

つまり一冊無料でもらえるということです。

アマゾンは太っ腹ですね。

audiobook.jpを無料で聴く方法

audiobook.jp30日無料お試しができます。

聴き放題プランなので、30日間無料で聴き放題ということです。

30日以内に解約すれば無料で解約できるので、実質無料で聴き放題できてしまいます。

1万冊聴いちゃっても無料!

読みたい本がたくさんある方はぜひ試してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はAudibleとaudiobook.jpはどっちがおすすめなのか?というテーマでした。

結論、安く済ませたい人、なんでも良いからたくさんの本を聴きたい人audiobook.jpの方が良いでしょう。

逆に、聴きたい本がある人、新書を聴きたいという方Audibleがおすすめです。

実際に気になった方は、無料のお試し期間があるのでぜひ試してみてください。

以上です。

ではまた。

合わせて読みたい

  • この記事を書いた人

こーた

東京都心で一人暮らししているサラリーマンのミニマリスト。 好きなこと、好きなものに囲まれたシンプルライフを発信しています。 お仕事の依頼はお問い合わせからお願いします。

-本・映画