PRを含みます ミニマリストの生活

ミニマリストがiPhone15を買わなかった理由を考えてみた。

どーも、こーたです。

今回は『ミニマリストがiPhone15を買わなかった理由を考えてみた』というテーマです。

私は現在iPhone13を使っており、2年以上経過しています。

私はガジェットが好きで、当時最新だったiPhone13を購入しました。

普通なら、2年も経っているので、新しいiPhone15に乗り換えても良いところですが、iPhone13を使えるところまで使おうと考えています。

その理由を私なりに考えてみました。

ミニマリストがiPhone15を買わなかった理由

ミニマリストの私がiPhone15を買わなかった理由を紹介していきます。

充電ケーブルがUSB-C

一番大きかった理由は、充電ケーブルがUSB-Cだったからです。

私は、iPhoneの2台持ちで1台は会社で支給されているものです。

会社用のiPhoneはiPhoneSEで、充電はLightningケーブルです。

つまり、私の場合、iPhone15に変えてもケーブルをUSB-Cに統一することができません。

むしろ、ケーブルまで2台必要になってしまいミニマリストとして逆効果。

また、カメラなどUSB-Cのガジェットを持ち歩くこともないのであまりメリットに感じませんでした。

そもそも充電器は持ち歩かない。

iPhone13とできることが変わらない

既存のiPhoneとできることがあまり変わりません。

主な違いとしては、

  •  充電がUSB-Cになった
  • ダイナミックアイランドがある
  • カメラの画素数が4倍UP
  • 手ブレに強くなった

でしょうか。

サイズ感もほぼ一緒で、変わったことは上記くらいでほとんど違いがありません。

ProやPro Maxに変えるのであれば、カメラ機能などさらに上がりますが、その分値段や重さも上がります。

ブログの写真を全てiPhoneでしている私からすると、カメラ性能の向上は嬉しいですが、値段を考えるとiPhone13で十分なんじゃないかなって思ってます。

それだけiPhone13が高性能ってことですね。

進化があまり得られない

iPhone13とできることが変わらないという点と近いのですが、進化があまり感じられなくなっています。

昔のような、ガラケーからスマホに変えたときや、アンドロイドからiPhoneに変えたときの高揚感が得られなくなっていると感じます。

iPhone8からiPhone13に変えたときも、初めの1週間は違いに驚きましたが、生活が変化することはありません。

それだけ今のiPhoneが成熟しているってこともありますね。

ただ、個人的には、もう少し進化を著しく感じたいという思いがあるので見送った次第です。

今iPhone8を使っている人は進化に驚くと思います。

値段が高い

新しいiPhoneはとても高価です。

iPhone15は124,800円〜で、iPhone15 Pro Maxになると189,800円〜です。

iPhone14からも1万円ほど値上がりしているようです。

円安の影響もありますね。

今使っているiPhone13を売ったとしても、5、6万近くはかかってしまいます。

その費用の節約の積み重ねが、『経済的な余裕』を生み出すことができると考えています。

時間の節約

新しいiPhoneになると、必要以上にスマホに触る時間が必ず増えます。

新しいデバイスに慣れるまでの期間や、アップデートや設定変更に多くの時間がかかることでしょう。

それらの時間を節約することができます。

ミニマリストは時間を大切にし、有益な活動に時間を割くことを重視しています。

設定も楽しい時間ではありますが、他にもやりたいことがある中で、今は時期じゃないと考えています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまでつらつらとiPhone 15を買いたかったけど買えていない私の、買わない理由を書いてきました。

本当は欲しくて仕方ないんですけど、こうやって買わない理由を言語化して物欲を抑えるのも一つの手です。笑

私がiPhoneを変えるときは、

  • 今のiPhoneが壊れてしまったとき
  • iPhone15を安く購入できるとき
  • 折り畳みスマホにしたくなったとき

かと思っています。

足るを知るということを忘れずに、今持っているものを大事にしていきたいと思っています。

以上です。

ではまた。

  • この記事を書いた人

こーた

一人暮らしのミニマリスト。 好きなこと、好きなものに囲まれたシンプルライフを発信しています。 お仕事の依頼はお問い合わせからお願いします。

-ミニマリストの生活