ミニマリストの生活

ナッシュ(nosh)がまずいと言われる5つの理由を紹介。

どーも、こーたです。

今回は、宅配弁当のナッシュ(nosh)は本当にまずいのか?というテーマです。

ナッシュは「健康的で美味しい食事」がレンジで温めるだけで食べられる人気の宅配弁当です。

そんなナッシュですが、ネットでは「まずい」という意見も多くあります。

ナッシュ試したいけどまずいのかな。

本当の口コミを知りたい。

という方におすすめです。

ナッシュは本当にまずいのか。

ネットの口コミを見ていると、ナッシュはまずいという意見もちらほらとありました。

私的には「まずい」とは思いませんでした

むしろ、冷凍食品でこれだけ美味しければ充分すぎると感じています。

合わせて読む

あくまでも個人的な意見なので、ナッシュがまずいと言われている理由や、失敗しないメニューの選びの参考にしてください。

ナッシュがまずいと言われる5つの理由

ナッシュがまずいと言われる理由を調べてみたので詳しくみていきましょう。

解凍にムラが出てしまう

レンジの性能や冷凍の温度によって変わるとは思いますが、解凍にムラが出てしまうことがあります。

私は、1回だけハンバーグが冷たいという体験をしました。

基本的には、ちょうど良い解凍ができていますが、中には解凍のムラが出てしまうことも避けられません。

一方で加熱のしすぎもあります。

加熱し過ぎて、ベチャベチャになってしまうことも。。

そんな時は、自然解凍がおすすめです。

冷蔵庫に半日ほど置いておくことで、レンチン時間も半分くらいに減らせます。

食材によっては水っぽくなる

食材によっては水っぽくなってしまうことがあります。

ただ、味にはさほど影響はありません。

捨てる時にティッシュが必要なくらいですね。

低糖質米を使っている

ナッシュで使われている米は、低糖質米です。

低糖質米は、白米に比べて糖質50%オフで、食後の血糖値の上昇を抑えたり、食物繊維が豊富です。

しかし、これがブヨブヨしていてまずいという意見が多くありました。

オムライスなどのご飯料理は頼まないようにするのが安全策と言えそうですね。

副菜の味がいまいちな時がある

副菜はおまけ程度だが味がいまいちな時があります。

たまによくわからない味があるのは、私も実感しています。。

量もかなり少ないので、全く気になりません。

むしろ量が少なすぎるのが気になるくらい。。

しかし、好みによっては味がいまいちと感じる人もいるので、結果的にナッシュはまずいという意見につながっているのだと思います。

野菜嫌いな人はまずいという意見になりそうですね。

見た目のギャップが大きすぎる

ナッシュの料理は写真ではかなり美味しそうに見えます。

しかし、実際の弁当の写真とは、ちょっと違う気がします。。

チリハンバーグステーキ
にんにく醤油から揚げ
クリームコロッケグラタン

実際の写真の方が、やっぱり美味しそうに見えますね。

そのため、まずいと感じてしまう可能性もあります。

ナッシュのまずいメニュー

まずいメニューに当たらないように、個人的にまずかったメニューを紹介していきます。

私はこちらのメニューは控えるようにしてます。

バターチキンカレー

新しいメニューですが、私はあまり好きではありませんでした。。

バターチキンカレーの中身

カレーは普通に美味しかったですが、ひよこまめソテーとトマトマリネの味がいまいち。。

中途半端な味で食べれませんでした。

海老と卵の鶏ガラスープリゾット

リゾットでご飯も入ってます。

完食しましたが、もう頼まないです。。

ベジボールと夏野菜のラタトゥイユ

個人的にはあまり好きではありませんでした。

ただ、好みの問題だと思うのでなんとも言えません。

ナッシュの美味しいメニュー

まずいメニューで後悔しないために、美味しいメニューを紹介していきます。

基本的におすすめの商品であれば、ハズレはないです。

やみつき塩から揚げ

やみつき塩から揚げは4種類とも全部美味しかったです。

宅配のレパートリーに必ず入れておきたいメニューでした。

にんにく醤油からあげ

にんにく醤油から揚げも美味しかったです。

ご飯がとても進みます。

私がから揚げ好きなだけかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「宅配弁当のナッシュ(nosh)はまずいのか。実際に食べてみた感想を紹介する」というテーマでした。

ナッシュがまずいと言われる理由を5つ紹介していきました。

また私が実際に食べてみてまずかった食事も紹介していきました。

しかし、これはあくまでも私の意見です。

一人暮らしにとってはとても便利なので是非一度試してみてください。

私はこれからもナッシュを続けていくと思います。

以上です。

ではまた。

  • この記事を書いた人

こーた

東京都心で一人暮らししているサラリーマンのミニマリスト。 好きなこと、好きなものに囲まれたシンプルライフを発信しています。 お仕事の依頼はお問い合わせからお願いします。

-ミニマリストの生活