ミニマリストの生活

ミニマリストが残したもの4選

どーも、こーたです。

今回はミニマリストが残したものというテーマです。

ミニマリストなのにそんなの持ってるの?

断捨離すべきじゃない?

というものに厳選して、なぜ残したのかも含めて紹介していきます。

捨てるか迷ってるけどどーしたらいいかな?と迷ってる方の参考になれば幸いです。

ミニマリストの私が残したものを紹介

ミニマリストの私が捨てるか迷ったけど、残したものを紹介していきます。

ミニマリストなら捨てるべきでしょ。と思われるようなものに厳選して紹介していきます。

ベッド

私が残してよかったものはベッドです。

「ミニマリストなら、折りたたみのマットレスかスペースを広く使える布団でしょ。」と思われる方も多いかもしれません。

しかし、私は睡眠にはかなりこだわっているため、ベッドを手放すことはありません。

人生の3分の1は寝ている時間なので、寝具にはこだわりたいと思っています。私はベッドにすることで睡眠の質が上がり、パフォーマンスが上がると考えています。

布団にしたから睡眠の質が落ちるのでは、ミニマリストの意味がありません。

何を大事にするのか?によって、残すもの・捨てるものは変化していきます。

あなたにとって本当に大事なものはなんですか?

こだわりポイントを探してみましょう。

ソファ

私の家にはソファがあります。

ミニマリストにとっては以外かもしれません。

しかし、私にとっては大事なもので捨てることはありません。

なぜなら、ソファは私にとってくつろぎの時間を与えてくれる空間だからです。

  • ソファに座って、映画鑑賞をする
  • ソファに寝っ転がりながら、読書を楽しむ

この時間は私にとって人生を豊かにしてくれるものです。

また、この空間があることで、脳の切り替えを容易にしてくれているのです。

脳は、場所とそこでした行為をセットで覚える習慣があります。

例えば、ベッドの上で映画を観たり、スマホをいじったりしていると、脳は「ベッドは娯楽の場所だ」と認識してしまいます。すると次にベッドに入ったときに、「映画を楽しむぞ」という準備ができてしまい、眠くなりません。

そのため私は、ソファは娯楽をする場所と決めています。

そうすることで、ソファに座れば大好きな映画鑑賞の時間を楽しむことができます。

逆にベッドは寝る場所なので、スマホをいじることもありません。

そのおかげなのか、ベッドに入ると5分以内に熟睡できます。

この要領で、椅子はブログや勉強の空間と決めています。

そうすることで、集中力が上がり、仕事がはかどるようになりました。

私にとって、映画鑑賞は人生を豊かにしてくれる大事な時間です。

その時間を最高に楽しめる環境づくりをしています。

観葉植物

私は観葉植物をなくすことはありません。

「正直あってもなくても変わらないだろう。」と思われるかもしれません。

しかし、観葉植物にはさまざまなメリットがあります。

  • 殺風景な景色がインテリアに変わる
  • リラックス効果がある
  • 空気清浄の効果がある
  • 観葉植物の成長を楽しめる

中でも、私が一番効果を実感しているのは、観葉植物の成長を楽しめることです。

これは、私の中で小さな幸せになっています。

葉がついてきたら嬉しいです!

ミニマリストになっても観葉植物は残したいところです。

紙の本

人によっては、「今どき全部Kindleの電子書籍で読めるじゃん。」と思われるかもしれません。

確かに読めます。

私も、Kindleで読むことが多いですが、紙の本でも読みます。

難しい本や何度も読み返したいと思う本は、あえて紙の本を購入するようにしています。

紙の本の方が、記憶に残りやすいという研究データも出ています。

紙の本電子書籍
記憶に残りやすさ残りやすい「紙」に負ける
読みやすさ読みやすい読みにくい
集中力高い散りやすい
飛ばし読み簡単難しい
特定のページを開くパラパラ開けるパラパラとは開きづらい
本への書き込み本への直接書き込みで
読書効率アップ
メモ機能、マーカー機能あり。
使いこなすと便利
価格定価「紙」より何割か安い
購入後ネットで購入しても、
配達されるまで読めない
購入直後から読める
持ち運び一度に数冊1,000冊以上を持ち運べる
保管場所をとる場所をとらない
読み上げ機能なしあり(スマホで管理)
読み放題サービスなしあり
向く人月数冊しか読まない人月に何十冊も読む多読家
向く本ビジネス書、一般書小説、漫画
法令、マニュアル、辞典
出典:インプット大全

それぞれのメリットを活かして活用していきたい!

本は私にとって、最高の娯楽であり、知識をインプットするための最高の機会です。

その知識を最大化するために、効率よくインプットできるなら紙の本でも読みます。

もちろん増やしすぎには注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ミニマリストが残したものを紹介していきました。

  • ベッド
  • ソファ
  • 観葉植物
  • 紙の本

「ミニマリストだからこれは捨てなきゃ。」と捨てて後悔していては本末転倒です。

必要かどうかは人それぞれなので自分にはいるか、いらないか考えてみましょう。

以上です。

ではまた。

  • この記事を書いた人

こーた

東京都心で一人暮らししているサラリーマンのミニマリスト。 好きなこと、好きなものに囲まれたシンプルライフを発信しています。 お仕事の依頼はお問い合わせからお願いします。

-ミニマリストの生活